喘息のはなし

喘息でも加入できる生命保険・医療保険

投稿日:

喘息でも加入できる生命保険・医療保険

一昔前は、喘息で亡くなる方も多かったので、喘息と診断されると生命保険や医療保険に加入することは非常に難しい時代がありました。

しかし、現在は喘息で亡くなる方が減ってきています。

私の知り合いで、FP(ファイナンシャル・プランナー)の資格をもっている人がいて、保険関係にも詳しいので、喘息でも生命保険や医療保険に加入できるのか聞いてみました。

喘息でも保険に加入できるのか? FPに聞いてみた

知り合いのFPの方は現在専業主婦をしていて顔出しはNGなので、イラスト・アイコンで質問した内容と回答を書いていきます!

登場人物紹介

私です。 イラストは、本当の私より相当若いですが。。。
FPひろ子
私の学生時代からの友人で、FPの資格をもっている、ひろ子さんです。 イラストは、本人よりちょっと若いです。。。

FPのひろ子さんに電話で聞きました!

ひろ子さんこんにちは。 保険のことでちょっと聞きたいことがあるんですけど、いいですか?
FPひろ子
久しぶりですね〜。 いいですけどどうしたんですか?
私が喘息なのは知ってましたっけ?
FPひろ子
知ってますよ・・・ 入院したときお見舞いに行ったじゃないですか・・・
あっ! そっ...そうだった。。。
す、、すみません! 今度ビールおごります!
FPひろ子
焼鳥も付けてくださいね! で、何が聞きたいの?
単刀直入に聞くけど、今、喘息の人でも入れる生命保険や医療保険はある?
FPひろ子
あれ? たしか喘息になる前に入っていたんじゃなかった?
うん。 僕は喘息になる前に入っていたから良かったんだけど、喘息体験のホームページを作っているので、喘息の人でも加入できる生命保険や医療保険を紹介できたら役に立つかな・・・と思って。
FPひろ子
なるほど。 それなら誰にでも当てはまる、一般的な喘息と保険の話しをするね。
FPひろ子
まず知ってほしいのは、生命保険も医療保険も、いろいろな「商品」があって、発売されたり廃止されたりしているの。
そう、たとえばスマホのようにね。
FPひろ子
もう一つ、生命保険や医療保険に加入するための「加入条件」や「審査条件」はどんどん変わっていく、ということもポイントね。

だから、以前は加入できなかったのに今は加入できるとか、その逆もあったりするのね。

ふ〜ん。。 それで喘息はどうなの? 喘息って診断されると保険には加入できないって話しだけど。。。
FPひろ子
昔はそうだったね。
でも今は変わってきていて、喘息の状態によっては加入できることもあるよ。
保険会社によって審査の内容は違うけど、『発作の状況』とか『薬の使用状況』などが審査されると思うよ。
特約付きなら契約も可能、という場合もあるし。
特約付き?
FPひろ子
喘息の場合は2つ考えられるね。
一つは「保険料割増」で、保険料をちょっと上乗せして契約するパターン。
もう一つは「特定部位不担保」っていうんだけど、既に病気の部分は保険の対象にしない、という契約。 この場合は例えば喘息で入院しても保険給付は出ない、ということが考えられるね。
FPひろ子
あともう一つ、医療保険には『引受緩和型医療保険』というのがあるんだけど、喘息の場合、それなら加入できる可能性が高いと思うよ。 保険料がちょっと高くなっちゃうんだけど。。
う〜ん。。なんか難しい話しになってきちゃったね。。
FPひろ子
持病がある場合はちょっと複雑な話しになっちゃうね。 それでね、ホームページに是非書いて欲しいことがあるんだけど。
はい、ひろ子先生の言うことなら何なりと・・・
FPひろ子
特に持病がある場合は、保険のプロに相談できる窓口を使った方が、圧倒的に効率的に保険を探せるから、是非利用して欲しいって。
保険のプロ? 相談窓口?
FPひろ子
私も一応プロなんだけど・・・
保険を探している人の状況に合わせて、加入できそうな保険を探してくれたり、保険料が最適になるようにコーディネートしてくれるのね。
そういう相談窓口は、普通無料で利用できるよ。
タダで? 相談しちゃうと契約しなくちゃいけないとか・・・
FPひろ子
そんなことないよ・・・
契約する・しないは自由だし、相談を止めることはいつでもできるし、契約しなかったり相談を途中で打ち切ったからといって、何かペナルティーがあることもないよ。
手数料は保険会社からもらってるんだよ。
へ〜、そうなんだ! 知らなかった。 調べてホームページで紹介するね。 いろいろとありがとう!
FPひろ子
どういたしまして。 それで、ビールは?

FPひろ子さんのアドバイスまとめ

喘息の人でも加入できる生命保険・医療保険について、FPのひろ子さんに聞いたアドバイスのまとめです。

  • 生命保険や医療保険は、随時新しい商品が発売され、廃止されています。
  • 生命保険や医療保険の審査条件も、随時変更されています。
  • 気管支喘息の人も、今は生命保険や医療保険に加入できる可能性があります。
  • 気管支喘息の人が生命保険や医療保険に加入できるかできないかは、個人個人の喘息の状態によって審査されます。
  • 喘息の人も、保険料が上乗せになったり、特定部位不担保などの「特約付き」で加入できる場合があります。 「引受緩和型医療保険」は喘息の人でも加入できる可能性が高いでしょう。
  • 保険の加入審査は保険会社によって審査基準が違うので、保険の知識が乏しい個人が一社一社に当っていくのは非効率です。 保険の経験や知識が豊富なプロに相談するのが一番効率的です。 特に持病がある方の場合はそうです。
  • 保険のプロへの相談は無料のところが多いです。 相談したからといって申し込まなければいけないことは無いし、相談を途中で止めることもできます。 そのような場合でもペナルティーはありません。

喘息の人も生命保険や医療保険に加入できる可能性があるというのは、グッド・ニュースだと思います。

とりあえず、一度相談してみることをオススメします。

今まで諦めていた方も、再度相談してみてはいかがでしょうか。

ネットで申し込みできる「保険相談窓口」

FPのひろ子さんに聞いた「無料で利用できる保険相談サービス」にはいくつかありますが、全国対応をしていてネットで相談の申し込みができる窓口を2つご紹介します。

ディノス・セシールが運営する – 保険GATE

一つ目は通販でおなじみの、ディノス・セシールが運営する「保険GATE」です。

保険コネクト

保険コネクトはホームページが見やすく、どんなサービスなのか・どんなメリットがあるのか、とても分かりやすいです。

-喘息のはなし

Copyright© 大人の喘息 , 2018 All Rights Reserved.