喘息のはなし

喘息の症状

更新日:

喘息の症状

喘息になると、どんな症状がでるのでしょうか? どんな症状があると、喘息が疑われるのでしょうか? 「もしかしたら喘息かも」と思っている方は気になるところだと思います。

この記事では、喘息の症状の例を自分の体験も交えながら解説していきます。

① 咳

咳は喘息の初期症状とも言える症状です。

  • ちょっと喘息の状態が悪くなったときに「咳」が出ます。
  • 「風邪は治ったのに、咳が治らない」「咳が続く」という場合は注意が必要です。
  • 「いつも咳が出ている」とは限りません。 喘息患者さんでも、調子が良いときは咳の症状は出ません。

喘息の診断を受けている人は、咳の有無や程度が、「喘息発作が起こる危険を知らせるシグナル」にもなっています。 喘息患者さんでも、喘息のコントロールが上手くできているときは、咳の症状は出ません。 喘息がちょっと悪化してくると、咳の症状が出てきます。

同様に、まだ喘息の診断を受けていない人にとっても、咳の症状は「医師の診察を受けて、喘息を発見するためのシグナル」になります。 受診の目安としては「咳が2週間以上続く場合」です。

2週間以上続く咳には要注意

風邪をひいた後「咳の症状がなかなか治らない」という人は、喘息の可能性もありますので呼吸器内科を受診することをオススメします。 目安としては「2週間」です。 2週間以上続く咳は、ただの風邪ではなく、喘息の症状かもしれません。

私の場合も、喘息の大発作を起こすかなり前から、風邪をひくと咳だけ長引くという症状が何度もありました。

特に注意が必要な「犬吠様咳嗽(けんばいようがいそう)」

マスク犬

咳にもいくつかタイプがあります。 特に注意が必要なのは「犬吠様咳嗽(けんばいようがいそう)」と呼ばれるタイプの咳です。

「犬吠様咳嗽(けんばいようがいそう)」は、その名の通り、犬が吠えたような、犬の鳴き声のような「ケンケン」「キャンキャン」と聞こえる咳で、甲高く、乾いた咳です。 このタイプの咳は、気道が狭くなっている時に出る咳なので、「2週間待って・・・」と言わず、早めに受診した方が良いです。

見過ごされることも多い・・・

「咳が続く」という症状で病院を受診しても、まずは「咳止め薬」を処方されて様子を見るように言われることが多く、喘息を初期のうちに発見することが難しい現実があります。

私もその一人で、喘息の診断を受けたのは大発作を起こして入院した時です。

咳が続いて病院を受診するときは、他の症状はないか、風邪とは違う症状はないか、など、医師に説明できるよう整理しておくと良いです。

② 胸の痛み・違和感

喘息がちょっと悪化したときの症状として「胸の痛み」や「違和感」があります。

私が感じていた「胸の痛み」の症状は、とても特徴的な「ヒリヒリ」と焼けるような痛みでした(胸焼けとは違います)。 痛みを感じていた場所は、下のイラストの辺りです。

私が感じていた胸痛の場所

痛む場所が気管の位置と合致しているので、気管の炎症がひどくなると「痛み」や「違和感」があらわれるのだと思います。 胸の痛みの症状が単独であらわれることはなく、「咳」と一緒に出る症状です。

③ 喘鳴(ぜんめい)

喘鳴(ぜんめい)は、呼吸の時に聞こえる「ヒューヒュー」「ゼイゼイ」という音です。 はっきりと聞こえる場合、胸や背中に耳を当てた時に聞こえる場合、医師が聴診器で聞いたときに聞こえる場合など、様々な程度があります。

喘鳴は気道が狭くなった時に出る音です。 喘鳴が聞こえる場合は、なるべく早く医師の診察を受けた方が良いです。

④ 呼吸苦・呼吸困難

呼吸苦・呼吸困難は喘息の一番危険な症状と言えるでしょう。 体が必要とする酸素を十分に供給できない程、気道が狭くなっていて、体が酸欠になっている状態です。

軽い呼吸苦も喘息の症状の一つ

「呼吸が苦しい」というと、テレビのドラマで描かれるような、「突然胸を押さえて『うぅ〜』と苦しがる」という状態を想像してしまいがちです。 喘息でそんな状態になったとすると、誰が見ても喘息の大発作の症状ですから、すぐに「救急車」ということになります。

しかし、当の本人でも「気のせいかな」と思ってしまう「軽い呼吸苦」も喘息の症状の一つです。

私の場合も、最初は「なんとなく呼吸が苦しい」ように感じる程度の呼吸苦で「気のせいかな」と思っていました。 また、常に苦しいわけではなく、呼吸苦の症状を感じていたのは数分程度でした。

呼吸苦に伴う症状

「呼吸が苦しい」という症状を感じるときは、体が酸欠になっているわけですので、他にもいろいろな症状が出てきます。 例えば以下の症状です。

  • 動けない。 ゆっくりとしか動けない。
  • 会話が難しい。 会話が途切れ途切れになる。 単語のみとなる。
  • 動悸。 心臓の鼓動が早くなる。

長距離走など激しい運動をした後の状態を想像すると分かりやすいのではないかと思います。 息がハァハァして、心臓がドキドキして、会話するのも難しいでしょう。 喘息発作の症状は、そんな状態です。

喘息の症状はどんな時に起こりやすい?

喘息の症状は「常に起こっている」わけではありません。 「喘息の症状が起こりやすいとき」があります。

  • 夜間〜早朝
  • 風邪をひいたとき
  • 疲れているとき、睡眠不足のとき
  • ストレスが溜まっているとき
  • アレルゲンに接触したとき(ハウスダスト、ダニ、ペット、花粉、植物など)
  • 運動したとき
  • 季節の変わり目
  • 天気が悪いとき
  • 喉や気管に刺激があったとき(タバコ、線香の煙など)
  • お酒を飲んだ時

喘息の症状が起こりやすいときは、喘息患者さん共通のものと、喘息患者さんそれぞれ個別の事情によるものがあります。

「風邪をひいたとき」「疲れているとき」などは、喘息患者さん共通の「症状が起こりやすい時」です。

「喘息」の診断を受けていない方へ

いままで見てきたように、喘息の症状は、

  • 症状の種類も程度もさまざまで個人差が大きく、まさに「人ぞれぞれ」。
  • 風邪の症状と似ている。 また、他の呼吸器系の病気の症状と似ている。
  • 症状は常にあるわけではなく、無症状の時も多い。

という特徴があります。

そのため、「風邪のせい」などと考えて放置してしまう人も多く、本当は喘息になっているのに、喘息の診断を受けていない人が多くいると考えられています。

治療法の進歩によって、喘息で亡くなる方は減ってきていますが、ゼロではありません。

もし、「咳がつづく」など、今までと違う症状を感じる場合、呼吸器内科を受診して、喘息などの病気が隠れていないか相談することをオススメします。

-喘息のはなし

Copyright© 大人の喘息 , 2018 All Rights Reserved.